製品案内  Products

雨水貯留浸透システム

プラマックスとは   製品・耐久性・環境について   施工、用途例   施工実績  
地下空間に構築して雨水を分散貯留 プラマックスMA-1システム

プラマックスMA-1システムとは

プラマックスMA-1システムは弊社雨水貯留浸透システムの総称で、リサイクルPET(ポリエチレンテレフタレート)を再原料化して製造されたプラマックスMA-1に遮水シートや保護透水シートを組み合せて、雨水を貯留または浸透させる雨水流出抑制対策施設を地下空間に構築するシステムです。 プラマックス 雨水貯留浸透システム

プラマックスMA-1システムの役割

プラマックスMA-1システムが生み出す地下大空間施設は、近年増加傾向にあるゲリラ豪雨等の集中的な降雨水を一時的に貯め込む機能を有しており集中豪雨による河川や下水道の氾濫を抑制し、都市型水害からあなたの街を守る役割を担います。 プラマックス 雨水貯留浸透システム

特徴

・高リサイクル率
製品原料にリサイクルPETを使用する事で、95%の高リサイクル率を達成しています。
※500mlペットボトル140個を再原料化してプラマックスMA-1 1個が造られています。
・CO2排出抑制効果量の定量化
リサイクルPETを再原料化して使用する事で、CO2排出抑制効果量が定量的に捕捉出来ることでは業界初の製品
となります。
※プラマックスMA-1は高環境機能製品の証であるエコリーフ環境ラベルを取得しています。
・高貯水率
96%という高空隙率が96%という高貯水率を生み出します。掘削する土量が少なくて済み、廃棄土量の発生を軽
減しますので、トータルコストを低減出来ます。
・高強度かつ軽量構造
鉛直荷重はT-25対応 ( 土被り厚50cm以上 ) となります。レベル2の地震動に対応します。1個当り重量は4.1kg
と軽量です。
・簡便施工による工期短縮
軽量かつ簡単構造によって作業効率がアップし、施工期間の短縮が図れます。軽量構造の為、施工時の大型重機
が不要となります。スタッキング効果によりプラマックスMA-1の大量搬入が可能です。

構造例

雨水貯留施設の代表的な構造例を以下に示します。


プラマックス 雨水貯留浸透システム
  • ・側溝➀を経由して集められた雨水は前処理桝➁に入り、縣濁物を沈殿させた上澄み水③が雨水貯留施設(プラマック
       スMA-1システム)➃に入ります。
  • ・次回降雨時に備えて雨水貯留施設内➃の貯留水を、オリフィス排水管➄を通じて時間をかけて下水管を介して河川
       に排水されます。
  • ・降雨時に貯留槽内が満水になった場合は、オーバーフロー管➅(余水排水管)を通じて排水されます。
       ※天井面の遮水シートは50cm幅折り返し施工となります。

上記は雨水貯留施設の一例をお示ししています。雨水貯留浸透システムは構造により、雨水貯留施設/雨水浸透施設
雨水利水施設に区分されます。

3つのシステム

貯留システム
プラマックス 雨水貯留浸透システム

底面及び側面部に遮水シート(t1.5mm)を敷設することで雨水を一時的に貯留することが出来ます。遮水シートは保
護シートで保護されています。



浸透システム
プラマックス 雨水貯留浸透システム

底面、側面、天井部に透水シートを敷設することで雨水を土中に浸透及び一時的に貯留させて流出の抑制を行います。
雨水は透水シートを通して徐々に土中に浸透して行きます。



利水システム
プラマックス 雨水貯留浸透システム

オリフィスからの流出を調整することで施設下部で雨水を常時貯留させておくことが可能で、一定の貯留水を確保し
て、その貯留水を利用することが出来ます。施設上部は貯留施設としての機能を果たします。

資料のご請求・お問い合わせ

プラマックスMA-1システムに関する詳細資料を取り揃えております。資料のご請求や製品に関するご質問・ご不明点
等がございましたら、お問い合せフォームにてご連絡をお願い致します。

インターネットにて
お問い合わせフォームへ
お電話・メールにて
お客様の個人情報、お寄せいただいたご相談内容は、当社の個人情報保護方針に基づいて厳重にお取り扱い致します。

設計者様向けサポート

雨水貯留浸透システムの採用をご検討されておられます設計者様に対して、設計・見積り業務のお手伝いをさせて頂
いております。下記にお示ししておりますご検討事項以外のお問い合せに対しましても対応させて頂きますので、
お気軽にお声をお掛け下さい。資料のご請求や製品に関するご質問・ご不明点等がございましたら、お問い合せフォ
ームにてご連絡をお願い致します。

  • ・貯留量 ⁄ 浸透量算出のご検討
  • ・形状のご検討
  • ・利水方法のご検討
  • ・図面化のご検討
  • ・雨水貯留浸透システムに関するその他のご検討
  • ・ご不明点/ご質問等


貯留量/浸透量を検討する際には以下のファクターが必要となりますので、予めご準備の上ご依頼頂けましたら幸い
です。

  • 1.浸透施設/貯留施設の区別
  • 2.河川許容放流量の値 (貯留施設の場合)
  • 3.計画地地盤の飽和透水係数 (浸透施設の場合)
  • 4.開発計画地の住所
  • 5.開発計画地における降雨強度
  • 6.開発計画面積 (集水対象面積)
  • 7.開発計画地の開発後の用途(利用別)割合

次ページへ