雨水の流出抑制と有効活用が出来る雨水貯留施設・浸透施設にはゲリラ豪雨対策にも万全なサンジオキューブが最適です。


 

製品案内  Products

雨水貯留浸透システム

サンジオキューブとは   製品・耐久性   ゲリラ豪雨対策   維持管理   施工・用途例   施工実績  
サンジオキューブは"維持管理"も万全です ⇒ 泥砂拡散防止壁システム

プラスチック製 雨水貯留浸透システムの維持管理

(社)雨水貯留浸透技術協会では前処理桝(流入槽)を設けて濁水
中の砂等を沈殿させ、上澄みされたきれいな水を貯留施設内に
流入させると指導しており、雨水貯留浸透システムはその指導
に準拠しています。

サンジオキューブ 雨水貯留浸透システム

強い降雨の場合には、前処理桝内は撹拌状態になります

強い降雨が有った場合には 前処理桝内部は流入する雨水により
撹拌状態となり、砂等が沈殿出来る状態にはなりません。

サンジオキューブ 雨水貯留浸透システム

従来システムでの"維持管理"は

従来システムでの維持管理は
① (社)雨水貯留浸透技術協会での維持管理方式に準拠する
② 施設内に流入した砂等をジェット水流を用いて施設外に強制的に排出する
③ 施設内に流入した砂等を基礎底部に設けた底部側溝を通じて自然排出させる
④ 堆砂域と入構用フレームを設けて 入構用フレームから届く範囲での掃泥作業を行う
  等の方法を用いて行っています。

貯留浸透施設内部は 全体が貯留ブロックで構築されている為に見通しが悪く、底部の
堆泥状況や掃泥状況の確認、目視での点検が非常に困難になります。
また ジェット水流を用いた洗浄作業も洗浄出来る範囲が限られ、底部側溝からの排出も
基礎面がフラットな為に排水勾配が設けられず、排出効果に難点が有ります。

“泥砂拡散防止壁システム”を用いての「目で見える維持管理」方法のご採用/ご検討をお願い致します。


サンジオキューブでの"維持管理"は ⇒ "泥砂拡散防止壁システム" (PAT.取得済)

サンジオキューブ雨水貯留浸透システムにおいての"維持管理"は
"泥砂拡散防止壁システム"を用いて行います。
前処理桝からの流入雨水は底部誘導フィルター管を通じて速やかに
泥砂拡散防止壁システムに誘導され、流入雨水は拡散防止壁を通じて
貯留施設全域に向けて排出されるので、泥砂がシステム内に留まり、
施設内全域に拡散される事は無く、長期に亘っての維持管理が容易に
出来ます。

サンジオキューブ 雨水貯留浸透システム

■維持管理 (泥砂拡散防止壁システム) 概略図

※ 泥砂拡散防止壁システムについては"ゲリラ豪雨対策"の章をご参照ください。

資料のご請求・お問い合わせ

サンジオキューブ工法に関する詳細資料を取り揃えております。資料のご請求や製品に関するご質問・ご不明点
等がございましたら、お問い合せフォームにてご連絡をお願い致します。

インターネットにて
お問い合わせフォームへ
お電話・メールにて
メールにて
お客様の個人情報、お寄せいただいたご相談内容は、当社の個人情報保護方針に基づいて厳重にお取り扱い致します。

設計者様向けサポート

雨水貯留施設・浸透施設の採用をご検討されておられます設計者様に対して、設計・見積り業務のお手伝いをさせて頂
いております。下記にお示ししておりますご検討事項以外のお問い合せに対しましても対応させて頂きますので、
お気軽にお声をお掛け下さい。資料のご請求や製品に関するご質問・ご不明点等がございましたら、お問い合せフォ
ームにてご連絡をお願い致します。

  • ・貯留量 ⁄ 浸透量算出のご検討
  • ・形状のご検討
  • ・利水方法のご検討
  • ・図面化のご検討
  • ・雨水貯留浸透システムに関するその他のご検討
  • ・ご不明点/ご質問等


貯留量/浸透量を検討する際には以下のファクターが必要となりますので、予めご準備の上ご依頼頂けましたら幸い
です。

  • 1.浸透施設/貯留施設の区別
  • 2.河川許容放流量の値 (貯留施設の場合)
  • 3.計画地地盤の飽和透水係数 (浸透施設の場合)
  • 4.開発計画地の住所
  • 5.開発計画地における降雨強度
  • 6.開発計画面積 (集水対象面積)
  • 7.開発計画地の開発後の用途(利用別)割合

前ページへ

次ページへ