雨水の流出抑制と有効活用が出来る雨水貯留施設・浸透施設にはゲリラ豪雨対策にも万全なサンジオキューブが最適です。


 

製品案内  Products

漏水検知システム

T&OHシステム ( 漏水検知システム )

T&OHシステムの概要

廃棄物最終処分場の施工品質検査と補修対策が可能な漏水検知システム

T&0Hシステムは、廃棄物最終処分場の遮水工の損傷や漏水を、真空圧を利用して敏感に検知し、検知した際に廃棄
物を取り除くことなく補修が可能な漏水検知システムです。

処分場の規模や形状に合わせて遮水工を200~500m² 程度の大きさのブロックに区画割りします。各ブロックは通
気・通水性のよいマットを挟んだ二重シートの袋構造とし、ブロックごとに真空管理や補修対策を行います。



特徴
●空気圧を利用しているため、小さな損傷でも敏感に発見できます。
真空圧を利用して気密性を検査することで、シートの損傷を確実に検知します。
●遮水工の品質検査手法としても有効です。
シート接合部を含め、シート全体の品質検査をすることができます。
●遮水シートの損傷を早期に発見でき速やかに補修できます。
日常の埋立作業中や直後にも容易に検査できるため、早期に対応が可能です。
●廃棄物を掘り起こすこともなく修復が可能です。
管理ホースから止水材を送り込むことにより、袋構造の内部を不透水化するとともにシートの損傷部を止水します。

T&OHシステムの構造

特長
  • ・通気・通水性のよいマットを挟んだ密閉された二重シート構造です。
  • ・隣のブロックとの接続部もすべて検知できます。
  • ・ブロックごとに真空ポンプで減圧し気密性を検査し遮水工が完全であることを確認できます。

T&OHシステムの損傷検知

真空検査は、真空ポンプにより二重シートの内部を減圧した際の圧力変化を調査して行います。減圧を停止した際
に、シートに損傷がなければ真空圧は一定となりますが、損傷があると真空圧は低下します。
※真空圧の変化は、検査するブロックの面積や中層に挟む保護材の種類、管理ホースの長さなどにより異なります。



正常時
損傷がなければ減圧を停止しても真空圧は一定となります。

異常時
損傷があると減圧を停止した際に空気や水が流入し真空圧が低下します。

T&OHシステムの補修

管理ホースから止水材を注入することにより補修できます。止水材は、二重シート内全体に充填され、不透水層を
形成するとともに、損傷部から保護マットや保護砂、廃棄物などに目詰まりして硬化し、漏水を防止します。


施工実績

T&OHシステム研究会へ